上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥日光にはハイキングコースがたくさんあります。今回は、湯滝から戦場が原、赤沼茶屋までのコースを紹介します。奥日光の定番コースで、小中学生の時、林間学校で訪れた方も多いのではないかと思います。今回は2013年8月20日に行ってきました。

<コース概要>
◎距離は約4.5キロで、平坦です。健脚なら1時間かからないでしょうが、私は水辺と緑を楽しんでいるので、いつも1時間半はかかります。

<コースの特徴>
◎ 森の中を歩くコースでは森林浴を満喫できます。戦場が原は広々としています。コースに沿って湯川も流れていて、涼しさが感じられます。

◎ 平坦なので、小さな子どもの家族連れに最適です。

<東武日光駅から湯滝へ>

東武日光駅で、東武バスの湯元温泉行きのバスに乗って、約1時間で「湯滝入口」に着きます。途中いろは坂や中禅寺湖を眺めることができます。
2013_0818_210555-P8180002.jpg

<湯滝から戦場が原へ>
バス停から数分で湯滝に着きます。下からの眺めは豪快です。
2013_0818_211612-P8180007.jpg

いよいよ赤沼茶屋までのハイキングコースに入ります。入口に案内図があります。
2013_0818_215750-P8180025-001.jpg

湯川沿いのコースを道なりに行きます。ミズナラなどの林と笹が彩る森林の中で、おいしい空気を一杯吸い込みます。
2013_0818_221629-P8180040.jpg

2013_0818_222755-P8180046.jpg

2013_0818_223109-P8180048.jpg

<戦場が原から赤沼茶屋へ>
ミズナラなどの林と笹が彩る森林を通り抜けると、視界が開け、男体山の麓が一望できました。戦場が原です。
2013_0818_232256-P8180078.jpg

戦場が原を過ぎると、間もなく、赤沼茶屋、龍頭の滝・小田代が原方面の分岐点に辿り着きます。
ここを赤沼茶屋方面に左折すれば、200メートルくらいで、赤沼茶屋に到着します。
2013_0818_234213-P8180083.jpg
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト森林浴ウォーキング・奥日光2013 ~湯滝から戦場が原まで~

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。